液体歯磨きのリステリンを使うべきでない3つの理由

皆さんは普段どんな歯磨き粉を使っていますか?口の健康に関してちょっと意識が高めの人なら、研磨剤がいやだから液体歯磨きを使っているというひとも多いのではないでしょうか。

そんな液体歯磨きの中でも人気の定番商品がリステリンなのですが、これには大きな危険性も隠されているんです。

リステリンとは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-77

リステリンとはジョンソンエンドジョンソンが発売する液体歯磨き、洗口液のブランドで、独特の形状をした容器と色で、昔からドラッグストアでもよく見かけますよね。テレビCMも盛んに流されており、マウスウォッシュといえばリステリンとのイメージすら出来上がっています。

リステリンは優れた殺菌力によって口内のばい菌を除去することで、口臭や歯肉炎のリスクを減らしてくれるとされているんです。確かに見た目から殺菌力は強そうな感じがあるし、口臭に悩む人を主に惹きつけているわけです。

最近では市販の歯磨き粉の危険性もかなり浸透してきているようで、特に研磨剤入りの歯磨き粉を避けたいと思っている人は多いんです。リステリンなら液体歯磨きなので当然研磨剤も入っていませんし、これなら安全ということで購入してしまうわけです

リステリンの種類

リステリンは洗口液と液体歯磨きの2種類を販売しているブランドです。洗口液は普通の歯磨き粉を使った歯磨きのあとに、口の中をすっきりさせるために使ううがい薬のようなもので、液体歯磨きは歯磨き粉の代わりに使うタイプです。

具体的な商品名でいえば、「薬用リステリン」は洗口液、「薬用リステリントータルケア」が液体歯磨きになっているので注意してください。

筆者は洗口液も液体歯磨きも使うべきでないと考える立場なのですが、特におすすめできないのは「薬用リステリントータルケア」のほうですね。普通のリステリンの洗口液は、言ってみればただのうがい薬だからまだいいんですが、液体歯磨きとなるとその濃度も高くなって危険性が増すんです。

リステリントータルケアの危険な成分表

湿潤剤・・・ソルビット液
溶剤・・・プロピレングリコール
溶解補助剤・・・ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール・ラウリル酸ナトリウム
薬用成分・・・1.8‐シネオール・塩化亜鉛・チモール・サリチル酸メチル・L‐メントール
着香剤・・・香料(ミントタイプ)
矯味剤・・・サッカリンナトリウム・スクラロース
pH調整剤・・・安息香酸
保存剤・・・安息香酸ナトリウム
着色剤・・・赤102・青1

これはリステリントータルケアの成分表です。この成分表を見る人が見たら、やっぱりこんな液体歯磨き粉は怖くて使う気にはなれません。

1.ラウリル硫酸ナトリウムが危険

ラウリル硫酸ナトリウムは、アメリカではすでに歯磨き粉への使用を完全に禁止している成分です。

発泡剤の名の通り歯磨き粉の泡立ちをよくするために配合されているんですが、これは自動車や車庫用の洗剤にも使われる成分なんです。ちょっと気分が悪いですよね。そして歯磨き粉の泡なんか何の役にも立たないんです。あれは「きれいになった」と錯覚させるためだけのものですからね。

2.溶剤プロピレングリコールは発がん性物質?

薬用成分を溶けやすく、体内に浸透しやすくするために配合されているプロピレングリコールはそれ自体が発がん性物質であることが一部で指摘されているのに加えて、他の有害成分の吸収を強めてしまうとの声もあるんです。

3.サッカリンナトリウムも発がん性物質?

矯味剤、つまり香料として添加されているサッカリンナトリウムも発がん性物質である可能性が指摘されている危険成分です。そしてこれもプロビレングリコールの効果で存分に体内に染みわたっていくんです。

リステリンの口コミ評判

30代男性
リステリンを使うとスッキリするんですが、色が濃すぎて何か嫌ですね。

確かにリステリンの強すぎる着色料も問題の一つです。これも効果の強さをアピールするための手法なのでしょうが、当然ながら着色料が体に良いことは一切ありません。

20代 男性
タバコを吸った後の口臭が気になるので使ってます。口臭はけっこう取れますよ。

強い香料であるサッカリンナトリウムを使用していることから、口臭を覆い隠してくれるイメージがあるようですね。でも口臭って本人は自覚できないものなんですよ。

だからこの方も自分では口臭が問題なくなったと思っていても、周りはヤニとサッカリンナトリウムが入り混じった悪臭に悩まされている可能性はあります。

20代女性
子供と一緒に使ってま~す♪

このようにちょっと悲惨な口コミ評判ばかりを集めてしまったんですが、リステリンを使っている人ってホントに意識が低い人ばかりなんですよね。特に子供を持つ親なら、毎日口に入れるものはきちんと吟味して選ぶべきなんです。

もちろん上記のような危険性や悪評は断定的なものでなく、「もしかしたら危険な可能性がある」というくらいのものです。ですが結論として、筆者はリステリンをおすすめしません。こんなメジャーな商品より、通販限定で隠れた良質ホワイトニング剤がたくさんあるんですよ。そちらを使ったほうが絶対に幸せになれますよ。

おすすめホワイトニング歯磨きランキング

1位:はははのは

ちょっとふざけた感じの名前にも見えるんですが、現在日本で購入できる最も優秀なホワイトニング歯磨き粉は「はははのは」でしょう。この有効成分量が素晴らしくて、主にオーガニック成分の力でステインやヤニ汚れを分解・除去してくれるんです

しかも安全性へのこだわりも完璧で、発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤・着色料・パラベンまですべて不使用なんですよ。

これで値段が1か月分1980円で送料無料となれば、もう試さない手はないでしょう。
はははのはの口コミまとめ記事はこちら

もし効果がなくても10日以内なら全額返金保障があるから、効果が不安という人でも安心して使えるのがまたいいですね。

公式サイトはこちら⇒【はははのは】で白い歯に



2位:プレミアムブラントゥース

ツイッターを中心に今、爆発的な人気を誇るのがプレミアムブラントゥースです。こちらももちろん研磨剤や発泡剤、フッ素などの悪成分は無配合で安全性はバッチリだし、6つのオーガニック成分が口臭もケアしてくれるんですよ。

ホワイトニングの即効性が高いのも口コミからわかります。だいたい1か月もあれば白さを実感している方が多いですし、中には3日で白さを実感する人もいます。
プレミアムブラントゥースの辛口口コミ・評判まとめ

公式ネット通販なら初回4千円オフととってもお得に始めることができるし、歯を本気で白くしたい人なら要チェックです。

初回4,000円OFF!!『プレミアムブラントゥース』



3位:ディノベートデンタルホワイトプロ

もっと手軽な値段でホワイトニング用の歯磨き粉を試したいなら、ディノベートもチェックすべきですね。ディノベートは初回70%オフの1,640円という格安価格が魅力なんですが、その人気がすさまじいんです。特に藤井リナさんや熊田曜子さんなど、芸能人の方で愛用している人が多いんです。

アットコスメでも1位に輝いたベストセラー商品ですし、歯科医がきちんと監修しているということで安心感もありますよね。もちろんホワイトニング力も超一流です。口コミ評価も非常に高いんですよ。
ディノベートの口コミ評判全まとめ!悪評もアリ?

ディノベートの公式サイトを早速チェック!

リステリンまとめ

いかがだったでしょうか。

上記で紹介したリステリンに関する危険性はあくまでも一面的なものであり、決してそれ自体が絶対に危険と言っているわけではありません。「こういう危険性があり得る」くらいのイメージで大丈夫でしょう。専門家の意見ではありませんのであまり鵜呑みにしないでくださいね。

結論としてリステリンは全くおすすめしなかったのですが、これも人によって効果や感じ方は違うので、気になった方はご自分の歯で試してみるのが一番でしょう。それでもやっぱり筆者は「はははのは」をおすすめしたいですね。

公式サイトはこちら⇒【はははのは】で白い歯に

リステリンとはははのはについては別の記事でたっぷりと比較検証しています。
はははのはとリステリンを6項目で徹底比較!




関連記事


ランキング

  1. No.1はははのは

    究極の安全性とホワイトニング力!

  2. No.2プレミアムブラントゥース

    ツイッターで話題騒然の全く新しい歯磨き粉!

  3. No.3薬用ちゅらトゥースホワイトニング

    塗るだけで白く健康的な歯が戻ってくる!