コンクールジェルコートFって研磨剤無配合?

皆さんは普段どんな歯磨き粉を使っていますか?歯の健康に全くこだわりがないという人なら、ドラッグストアで見かけた一番安い歯磨き粉を買っているかもしれませんね。

そんな安売りの市販歯磨き粉とは一線を画した歯磨き粉として人気のコンクールが、いったいどんな歯磨き粉なのか気になっている人も多いようなんです。今回はそんな悩みに答えて、コンクールジェルコートFの特徴をすべて解説していきたいと思います。

コンクールジェルコートFってどんな歯磨き粉?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-84

コンクールジェルコートFはウェルテックが発売する歯磨き粉なんですが、その一番の特徴は低発泡性で口の中が泡だらけにならないことでしょう。これが評価されて、多くの歯医者も使用を勧めているそうですよ。

実際歯磨き粉の泡ってなんの意味もないばかりか、ラウリル硫酸ナトリウムという毒物が使用されるため、非常に危険性が強いんです。そんなラウリル硫酸ナトリウムを取り除いただけでも価値はあるといえるでしょう。

それにコンクールジェルコートFには研磨剤を使用していないと宣伝されています。しかしこれについては後で詳しく解説していきますが、嘘である可能性があるんですコンクールジェルコートFの成分表には研磨剤らしき成分が明記されているんです。

値段的には一本千円程度とけっこう割高な歯磨き粉なんですが、そのコスパは微妙なところでしょう

コンクールジェルコートFの危険な成分表

湿潤剤・・・濃グリセリン
溶剤・・・ポリエチレングリコール400、エタノール、1.3-ブチレングリコール
甘味剤・・・キシリトール
粘結剤・・・キサンタンガム、カラギーナン、ポリビニルピロリドンK30
キレート剤・・・ポリリン酸ナトリウム(歯石付着抑制効果)
薬用成分・・・フッ化ナトリウム(フッ素950ppm)(再石灰化作用)、塩酸クロルヘキシジン(0.05%)(殺菌作用)、β-グリチルレチン酸
香味剤・・・香料(ペパーミントタイプ)
pH調整剤・・・クエン酸ナトリウム
可溶化剤・・・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ショ糖脂肪酸エステル
洗浄剤・・・炭酸水素ナトリウム
保存料・・・パラベン

これはコンクールジェルコートFのホームページから引用したコンクールジェルコートFの成分表です。この成分表を見る人が見たら、やっぱりこんな歯磨き粉は使う気にはなれません。

ポリエチレングリコール配合

ラウリル硫酸ナトリウムと並んで危険性を指摘されている成分がポリエチレングリコールです。ポリエチレングリコールはそれ自体が発がん性物質である可能性があるのに加えて、その他の有害成分を体内に吸収しやすくする働きがあるんです。

それでなくとも口の粘膜って非常に敏感で、なんでも吸収しやすい器官なんです。ここにポリエチレングリコールを接触させれば、これはもうかなり危険な状態と言わざるを得ません。

薬用成分のフッ化ナトリウムはフッ素で発がん性物質?

薬用成分の欄にあるフッ化ナトリウムはフッ素です。フッ素の危険性についてはもうご存知ですよね。これはもともと猛毒物質であり、歯磨き粉に使えるよう変質させても、一部で発がん性物質である可能性が指摘されているんです。だから高級歯磨きではフッ素なんて絶対に使用されません。

洗浄剤の炭酸水素ナトリウムは研磨剤かも?

コンクールジェルコートFの成分表を見ると確かに研磨剤の文字はありません。でもその代わりに洗浄剤という欄があって、そこには炭酸水素ナトリウムというほかの歯磨き粉では研磨剤として使用される成分が書かれてあるんです。

これが本当に研磨剤として機能しているのかは素人には分からないところですが、少なくとも研磨剤である可能性があるということは認識しておきたいところです。

コンクールジェルコートFの口コミ評判

30代男性
研磨剤無配合なのが気に入っています。やっぱり歯の健康が第一ですよね。
20代 男性
コンクールを使い始めて歯が白くなりました!
20代女性
ネットで評判が良かったので使ってます♪

ちょっと悲惨な口コミ評判ばかりを集めてしまったんですが、コンクールジェルコートFを使っている人ってホントに意識が低い人ばかりなんですよね。まぁ口コミ評判を信じて買ってしまうのも理解できるんですが、もう少し自分の目で成分表を見てもらいたいところです。

だから結論として、筆者はコンクールジェルコートFをおすすめしません。こんなメジャーな商品より、通販限定で隠れた良質ホワイトニング剤がたくさんあるんですよ。そちらを使ったほうが絶対に幸せになれますよ。

おすすめホワイトニング歯磨きランキング

1位:はははのは

ちょっとふざけた感じの名前にも見えるんですが、現在日本で購入できる最も優秀なホワイトニング歯磨き粉は「はははのは」でしょう。この有効成分量が素晴らしくて、主にオーガニック成分の力でステインやヤニ汚れを分解・除去してくれるんです

しかも安全性へのこだわりも完璧で、発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤・着色料・パラベンまですべて不使用なんですよ。

これで値段が1か月分1980円で送料無料となれば、もう試さない手はないでしょう。口コミ評価も非常に高いんですよ。

もし効果がなくても10日以内なら全額返金保障があるから、効果が不安という人でも安心して使えるのがまたいいですね。

公式サイトへ⇒【はははのは】で白い歯に



2位:プレミアムブラントゥース

ツイッターを中心に今、爆発的な人気を誇るのがプレミアムブラントゥースです。こちらももちろん研磨剤や発泡剤、フッ素などの悪成分は無配合で安全性はバッチリだし、6つのオーガニック成分が口臭もケアしてくれるんですよ。

ホワイトニングの即効性が高いのも口コミからわかります。だいたい1か月もあれば白さを実感している方が多いですし、中には3日で白さを実感する人もいます。

公式ネット通販なら初回4千円オフととってもお得に始めることができるし、歯を本気で白くしたい人なら要チェックです。

初回4,000円OFF!!『プレミアムブラントゥース』



3位:ちゅらトゥースホワイトニング

値段が3980円と高めなのでランキングでは3位にしましたが、実際ホワイトニング力が最も高いのはちゅらトゥースホワイトニングなんです。アミノ酸やリンゴ酸などの自然由来成分が歯の汚れを浮かして除去してくれるので、歯にまったく負担をかけずに白い歯を手に入れることができるんです。

予算に余裕のある方ならちゅらトゥースホワイトニング一択といっても過言ではありませんよ。ちゅらトゥースでも4千円なのだから、歯医者でのホワイトニング治療に比べれば激安でしょう。

公式サイトへ⇒薬用ちゅらトゥースホワイト

コンクールジェルコートFまとめ

いかがだったでしょうか。

上記のようなコンクールの歯磨き粉に関する危険性や効果については、当然ながら断定的なものではなく、あくまでも「そのような可能性がある」というくらいのものです。専門家の意見ではないのであまり鵜呑みにしないでくださいね。

結論としてコンクールジェルコートFは全くおすすめしなかったのですが、これも人によって効果や感じ方は違うので、気になった方はご自分の歯で試してみるのが一番でしょう。それでもやっぱり筆者は「はははのは」をおすすめしたいですね。

公式サイトへ⇒【はははのは】で白い歯に




関連記事


ランキング

  1. No.1はははのは

    究極の安全性とホワイトニング力!

  2. No.2プレミアムブラントゥース

    ツイッターで話題騒然の全く新しい歯磨き粉!

  3. No.3薬用ちゅらトゥースホワイトニング

    塗るだけで白く健康的な歯が戻ってくる!