アパガードプレミオの成分と効果を徹底検証!口コミは嘘?

皆さんは普段どんな歯磨き粉を使っていますか?最近では市販の安売り歯磨き粉の危険性も浸透し、高級歯磨き粉への人気も高まっているんです。

そんな中でも特に人気が高いのがアパガードシリーズですよね。中でもワンランク上のアパガードプレミオが気になっている人が非常に多い印象です。

というわけで今回は、アパガードプレミオの効果やコスパについて徹底的に検証していくことにしましょう。

アパガードより歯が白くなる歯磨き粉って?
⇒「はははのは」とアパガードを6項目で徹底比較!

アパガードってどんな歯磨き粉?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-89

アパガードとは株式会社サンギが1985年から現在まで、30年以上にわたって販売を続ける大ベストセラーの歯磨き粉なんです。発売当時の時代ってまだまだ歯のホワイトニングなんて誰も気にしていない時代だったので、ホワイトニングを売りにするアパガードはかなり革新的な商品だったんですよ。

芸能人は歯が命」のキャッチコピーって今でも耳にすることがありますよね。あれはもともとアパガードのテレビCMで使われたコピーで、これをきっかけに日本人の間では「ホワイトニングといえばアパガード」という根強いイメージにつながったわけです。

そんなイメージは今でも脈々と受け継がれていて、ネットを見渡してもアパガードの人気はすごいんです。例えばアットコスメのホワイトニング歯磨きランキングなんかを見れば、もうアパガード関連商品で埋め尽くされているんです。

アパガードは商品ラインナップがきわめて多いことも一つの特徴ですね。そのおかげで自分に合ったニーズの商品が手に入るから、いろんな悩みを持つユーザーに愛されているわけです。

アパガードプレミオの危険な成分表

●基剤:歯磨用リン酸水素カルシウム無水ケイ酸
●溶剤:精製水
●湿潤剤:濃グリセリン、ケイ酸ナトリウム
●甘味剤:キシリトール、サッカリンナトリウム
●薬用成分:薬用ハイドロキシアパタイト、β-グリチルレチン酸、塩化セチルピリジニウム
●発泡剤:ラウリル硫酸ナトリウム、ラウロイルサルコシンナトリウム
●粘結剤:カルボキシメチルセルロースナトリウム
●香料:香料(ダブルミントタイプ)
●安定剤:リン酸マグネシウム
●保存剤:塩酸アルキルジアミノエチルグリシン

これはアパガードプレミオの成分表です。こんな成分表を見たって普通の人は意味が分からないでしょうが、ここからいろんな情報が入手できるんですよ。

ハイドロキシアパタイトが1.4倍!

アパガードプレミオは、普通のアパガードに比べて薬用成分のハイドロキシアパタイトが豊富に添加されているそうです。ハイドロキシアパタイトは高級歯磨き粉の主要なホワイトニング成分で、歯のエナメル質を補修しながらホワイトニングしてくれるんです。

ただしホワイトニング成分の量に疑問があるのも事実です。プレミオには普通のアパガードの1,4倍のハイドロキシアパタイトが配合されているそうですが、そもそも普通のアパガードのホワイトニング成分配合量がわからないんです。

それもそのはずでしょう。これだけ大々的に宣伝されているアパガードという商品には、広告費が莫大にかかっているんですよね。つまり値段が高くても、それがすべて原価に還元されているとは限らないんです。

このあたりが「アパガードはコスパが悪い」と言われる所なのでしょう。確かにこれなら通販限定でひっそりと販売しているホワイトニング歯磨きのほうが絶対コスパが上ですよね。

発泡剤のラウリル硫酸ナトリウム配合!

アパガードプレミオの一番の問題点はこれかもしれませんね。高級歯磨き粉のくせにラウリル硫酸ナトリウムという発泡剤を使用しているんですよ。これにはちょっと目を疑ってしまいました。

ラウリル硫酸ナトリウムは、アメリカではすでに歯磨き粉への使用を完全に禁止している成分です。

発泡剤の名の通り歯磨き粉の泡立ちをよくするために配合されているんですが、これは自動車や車庫用の洗剤にも使われる成分なんです。こんなものを口内の粘膜から毎日毎日摂取すればどうなるか想像できますか?

そんな危険な成分を歯磨き粉の泡立ちのために配合しているんですよ?そして歯磨き粉の泡なんか何の役にも立たないんです。これって消費者を馬鹿にしていると思いませんか?

フッ素は配合されていない

ここまで危険成分が入っていればもうどうしようもありませんが、さすがにフッ素だけは配合していないようです。

だから「フッ素さえ入っていない歯磨き粉なら何でもいい」という人にはアパガードプレミオもいいかもしれませんねw

アパガードプレミオの口コミ評判

30代男性
CMなんかもやっていて信頼できそうだったので、アパガードプレミオを試しましたが全然でした。これなら300円の歯磨き粉のほうがマシですw
20代 男性
アパガードを買いましたが全くヤニが取れません。酷いぼったくりです。
20代女性
プレミオを使ったら若干・・・若干だけ白くなったかもしれませんw

ちょっと悲惨な口コミ評判ばかりを集めてしまったんですが、実際にアパガードプレミオを使って歯の白さを実感できた人って存在するのでしょうか?CMにばかりお金を使って中身をケチる歯磨き粉なんて、所詮はこんなものなんです。

だから結論として、筆者はアパガードをおすすめしません。こんなメジャーな商品より、通販限定で隠れた良質ホワイトニング剤がたくさんあるんですよ。そちらを使ったほうが絶対に幸せになれますよ。

おすすめホワイトニング歯磨きランキング

1位:はははのは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-15

ちょっとふざけた感じの名前にも見えるんですが、現在日本で購入できる最も優秀なホワイトニング歯磨き粉は「はははのは」でしょう。この有効成分量が素晴らしくて、主にオーガニック成分の力でステインやヤニ汚れを分解・除去してくれるんです

しかも安全性へのこだわりも完璧で、発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤・着色料・パラベンまですべて不使用なんですよ。アパガードにこってり入っている発泡剤も入っていませんよw

これで値段が1か月分1980円で送料無料となれば、もう試さない手はないでしょう。この1.5倍の値段のアパガードロイヤルに比べても、効果は断然上ですよ。2週間も使用すれば白い歯が手に入るでしょう。

もし効果がなくても10日以内なら全額返金保障があるから、効果が不安という人でも安心して使えるのがまたいいですね。

アパガードと「はははのは」の比較は別の記事でたっぷり解説しています。
⇒「はははのは」とアパガードを6項目で徹底比較!

公式サイトへ⇒【はははのは】で白い歯に



2位:プレミアムブラントゥース

ツイッターを中心に今、爆発的な人気を誇るのがプレミアムブラントゥースです。こちらももちろん研磨剤や発泡剤、フッ素などの悪成分は無配合で安全性はバッチリだし、6つのオーガニック成分が口臭もケアしてくれるんですよ。

ホワイトニングの即効性が高いのも口コミからわかります。だいたい1か月もあれば白さを実感している方が多いですし、中には3日で白さを実感する人もいます。
プレミアムブラントゥースの辛口口コミ・評判まとめ

公式ネット通販なら初回4千円オフととってもお得に始めることができるし、歯を本気で白くしたい人なら要チェックです。

初回4,000円OFF!!『プレミアムブラントゥース』



3位:ちゅらトゥースホワイトニング

値段が3980円と高めなのでランキングでは3位にしましたが、実際ホワイトニング力が最も高いのはちゅらトゥースホワイトニングなんです。アミノ酸やリンゴ酸などの自然由来成分が歯の汚れを浮かして除去してくれるので、歯にまったく負担をかけずに白い歯を手に入れることができるんです。
薬用ちゅらトゥースホワイトニングの辛口口コミ・評判まとめ!

予算に余裕のある方ならちゅらトゥースホワイトニング一択といっても過言ではありませんよ。ちゅらトゥースでも4千円なのだから、歯医者でのホワイトニング治療に比べれば激安でしょう。

公式サイトへ⇒薬用ちゅらトゥースホワイト

アパガードまとめ

いかがだったでしょうか。

上記のようなアパガードの歯磨き粉に関する危険性や効果については、当然ながら断定的なものではなく、あくまでも「そのような可能性がある」というくらいのものです。専門家の意見ではないのであまり鵜呑みにしないでくださいね。

結論としてアパガードは全くおすすめしなかったのですが、これも人によって効果や感じ方は違うので、気になった方はご自分の歯で試してみるのが一番でしょう。それでもやっぱり筆者は「はははのは」をおすすめしたいですね。

アパガードと「はははのは」の比較は別の記事でたっぷり解説しています。
⇒「はははのは」とアパガードを6項目で徹底比較!

公式サイトへ⇒【はははのは】で白い歯に




関連記事


ランキング

  1. No.1はははのは

    究極の安全性とホワイトニング力!

  2. No.2プレミアムブラントゥース

    ツイッターで話題騒然の全く新しい歯磨き粉!

  3. No.3薬用ちゅらトゥースホワイトニング

    塗るだけで白く健康的な歯が戻ってくる!