話題の歯磨き粉ボタニカルホワイトって実際どう?

皆さんは普段どんな歯磨き粉を使っていますか?市販の安い歯磨き粉の危険性は浸透し、歯のホワイトニング意識が高い人も増えてきた最近では、ほんとに多くのホワイトニング歯磨き粉が出回るようになりましたよね。

そんな高級歯磨き粉の一つ、ボタニカルホワイトについて解説していくことにしましょう。

ボタニカルホワイトってどんな歯磨き粉?

ボタニカルホワイトはジェイピーエスラボという会社が販売する歯磨き粉です。ちょっと聞いたことのない会社なんですが、商品自体は大手ドラッグストアをはじめ、東急ハンズなどにも置いてあるんですよ。

値段は約1.300円ほどと中価格帯で、だれでも気軽に買える歯磨き粉とはいえません。とはいえ他の高級歯磨き粉に比べると安いのも確かで、「歯を白くしたいけどお金はない」という中途半端な層に人気になっているわけです。

これで安全性が高く、実際に歯が白くなれば満足できるんですが、実際はどうでしょうか。ここからは成分を詳しくチェックしていきましょう。

ボタニカルホワイト の歯磨き粉の成分表をチェック!

ソルビトール(湿潤剤)、水(溶剤)、グリセリン(湿潤剤)、セルロースガム(粘結剤)、ラウリル硫酸Na(発泡剤)、シリカ(清掃剤)、クエン酸Na(pH調整剤)、サピンヅストリホリアツス果実エキス、スイカズラ葉エキス、パパイン(清掃助剤)、カキタンニン、ナタマメ種子エキス、ワレモコウエキス、ローズマリー葉エキス(清掃助剤)、オオウメガサソウ葉エキス、ワサビノキ種子エキス、シャクヤク根エキス、セージ葉エキス、カンゾウ根エキス、アルテア根エキス、カミツレ花エキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス(湿潤剤)、ポリアクリル酸Na(粘結剤)、酸化チタン(安定剤)、エタノール、BG(溶剤)、デキストリン、トレハロース(甘味剤)、メントール(清涼剤)、クエン酸(pH調整剤)、安息香酸Na、ソルビン酸K、メチルパラベン(防腐剤)、ハッカ油、香料(着香剤)

こちらがボタニカルホワイトの全成分表です。といってもこれだけ見たって何が危険で何が有効なのかわかりませんよね。重要な成分をピックアップして解説しましょう。

研磨剤が入っている

この値段の高級歯磨き粉では珍しく、ボタニカルホワイトには研磨剤が入っています。清掃剤「シリカ」というのが研磨剤です。あえて清掃剤と表記してある理由はお察しです。

「研磨剤」のことを「清掃剤」と言い換えて表記するのは歯磨き粉業界では当たり前の事実なのに、堂々と「研磨剤フリー」と書いてしまうのは、ちょっと品性を疑ってしまいますよね。

研磨剤とはその名の通り、歯の表面をガリガリと削り取るための成分です。歯を白くするために歯を削るなんて、もはや文明人のやるレベルのことではありません。

発泡剤も配合

発泡剤として配合されているラウリル硫酸ナトリウムは大変危険な成分として、全米で歯磨き粉への使用が完全禁止されているんです。皆さんはこの事実をご存じでしたか?

そもそも歯磨き粉に泡立ちなんて必要ないものなんですよ。泡立ちのせいでブラッシングが疎かになる人も多いし、子供の虫歯の大きな原因ともいわれています。

そんなラウリル硫酸ナトリウムの危険性も知らずに、「泡立ちが良くていい!」と口コミを書き込んでしまう人がいるのは悲しいですね。

フッ素も配合!

フッ素についてはその危険性が賛否両論分かれていますよね。一部で発がん性を指摘されているのは有名な話です。

実際、激安歯磨き粉では「フッ素で虫歯予防」と宣伝されるのに対して、高級歯磨き粉は「フッ素不使用で安心」と宣伝するんです。

どちらの意見をとるかは人それぞれですが、少なくとも筆者なら安全性を最重要視して、少しでも危険性が指摘されるような成分は使いたくありません。

ボタニカルホワイトはフッ素不使用という点で評価できますね。

ボタニカルホワイト の歯磨き粉の口コミ評判

30代男性
ネットで評判が良かったので買いました!
20代 男性
なんか健康的なイメージ。
20代女性
泡立ちがよくていい感じ!

このようにボタニカルホワイトの歯磨き粉の口コミってそんなに悪くはないんです。ただし成分を一つ一つ見ていくと、ちょっとコスパの悪さは気になるところですね。

やっぱりドラッグストアにあるような商品ってどうしても無駄なコストが大きいんですよね。そんな有名商品より、通販限定でコスパ抜群の歯磨き粉がいくらでもあるんですよ。

おすすめホワイトニング歯磨きランキング

1位:はははのは

ちょっとふざけた感じの名前にも見えるんですが、現在日本で購入できる最も優秀なホワイトニング歯磨き粉は「はははのは」でしょう。この有効成分量が素晴らしくて、主にオーガニック成分の力でステインやヤニ汚れを分解・除去してくれるんです

しかも安全性へのこだわりも完璧で、発泡剤・漂白剤・研磨剤・合成界面活性剤・着色料・パラベンまですべて不使用なんですよ。

これで値段が1か月分1980円で送料無料となれば、もう試さない手はないでしょう。口コミ評価も非常に高いんですよ。

もし効果がなくても10日以内なら全額返金保障があるから、効果が不安という人でも安心して使えるのがまたいいですね。

公式サイトはこちら⇒【はははのは】で白い歯に



2位:プレミアムブラントゥース

ツイッターを中心に今、爆発的な人気を誇るのがプレミアムブラントゥースです。こちらももちろん研磨剤や発泡剤、フッ素などの悪成分は無配合で安全性はバッチリだし、6つのオーガニック成分が口臭もケアしてくれるんですよ。

ホワイトニングの即効性が高いのも口コミからわかります。だいたい1か月もあれば白さを実感している方が多いですし、中には3日で白さを実感する人もいます。

公式ネット通販なら初回4千円オフととってもお得に始めることができるし、歯を本気で白くしたい人なら要チェックです。

初回4,000円OFF!!『プレミアムブラントゥース』



3位:ディノベートデンタルホワイトプロ

もっと手軽な値段でホワイトニング用の歯磨き粉を試したいなら、ディノベートもチェックすべきですね。ディノベートは初回70%オフの1,640円という格安価格が魅力なんですが、その人気がすさまじいんです。特に藤井リナさんや熊田曜子さんなど、芸能人の方で愛用している人が多いんです。

アットコスメでも1位に輝いたベストセラー商品ですし、歯科医がきちんと監修しているということで安心感もありますよね。もちろんホワイトニング力も超一流です。口コミ評価も非常に高いんですよ。

ディノベートの公式サイトを早速チェック!

ボタニカルホワイト の歯磨き粉まとめ

いかがだったでしょうか。

上記で紹介したボタニカルホワイトの歯磨き粉に関する危険性はあくまでも一面的な意見であり、決してそれ自体が絶対に危険と言っているわけではありません。「こういう危険性があり得る」くらいのイメージで大丈夫でしょう。

結論としてボタニカルホワイト の歯磨き粉は全くおすすめしなかったのですが、これも人によって効果や感じ方は違うので、気になった方はご自分の歯で試してみるのが一番でしょう。それでもやっぱり筆者は「はははのは」をおすすめしたいですね。

公式サイトはこちら⇒【はははのは】で白い歯に




関連記事


ランキング

  1. No.1はははのは

    究極の安全性とホワイトニング力!

  2. No.2プレミアムブラントゥース

    ツイッターで話題騒然の全く新しい歯磨き粉!

  3. No.3薬用ちゅらトゥースホワイトニング

    塗るだけで白く健康的な歯が戻ってくる!